子育て 日々の暮らし

子どもの読書を習慣化!

 

おはようございます。今日は5時起きです。おなかが減って置きました。健康!

 

昨日は5か月ぶりくらいに図書館へ行きました。図書館も厳重装備で手指消毒はもちろんのこと本の消毒(紫外線をあてる)まで行っていました。こちらもあまり長居せず、10分くらいの滞在時間で8冊ほど選んで帰宅しました。

 

読書習慣をつけよう

子どもの読書習慣を確立させることにより以下のメリットがあるようです。

  1. 語彙力↑
  2. 集中力↑
  3. コミュ力↑
  4. 安定した心が育つ

 

1.語彙力↑

これは自然な流れですよね。わからない言葉はその都度教えたり、一緒に調べて読み進めていけたらと思います。

 

2.集中力↑

うちの娘たちはまだ3歳・1歳なので集中力は欠片もありません。しかし、自分があるかというと皆無なので一緒に本を読んで集中力を養いたい!ここは親の背中見せないとですね!

 

3.コミュ力↑

本を読むことにより国語力が高まり、普段の会話も楽しくなるのではと思います。おもしろい言い回しを使って相手を楽しませるのも◎

 

4.安定した心が育つ

イギリスのサセックス大学の研究チームが本を読むことでストレス解消の効果があると発表しています。子どものストレス解消というのはあまりピンときませんが、安心できる人(親・家族)と時間を共有し落ち着いて本を読めば安定した心が育つかもしれません。

 

図書館を積極的に利用しよう

我が家は毎日寝る前に読み聞かせをしています。本棚はきっつきつです。これ以上本を増やすのも考えものなので図書館を自分の本棚だと思うことにしました。

  1. タダでいろんな本を読める
  2. 図書館では静かにしようというTPOを子どもたちに教えることができる
  3. 自分も好きな本を探せる
  4. 部屋に本棚がいらない

 

1.タダでいろんな本を読める

たくさん本を読みたいなーと思ったときにシンプルにお金かかるなと。たくさん税金を払っているのだから公共機関は積極的に利用したいと思います。

 

2.図書館では静かにしようというTPOを子どもたちに教えることができる

また、幼少期から図書館は静かにするところと認識できれば、小学校に上がって一人でだったり友達とだったり静かに図書館利用ができるのではと思いました。

 

3.自分も好きな本を探せる

毎日子どものためだけに絵本を読むというのは自分の性格上難しいので、自分の読みたい本も事前に調べササっと借ります。

 

4.部屋に本棚がいらない

もう本を買う必要がなくなりました!本棚の増殖を防げます。

読みたい本が図書館になければリクエストして買ってもらったり、他の図書館に足を運んだり又は取り寄せてもらったりすることも可能です!

 

 

本当はこれで読むのが夢↓ 風呂でも読める!

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー(広告つき) B07HCSQ48P

価格:12,980円
(2020/7/7 10:11時点)
感想(3件)

とりあえずしばらくは図書館生活を送ります。

 

 

 

 

昨日の出費→食品4102円

 

-子育て, 日々の暮らし

© 2021 まるの怠惰な暮らし Powered by AFFINGER5